スポンサーリンク

Blog Other News

ベン・アフレックがトークショウで「Controversy」のポスターを飾っていた思い出を話す

ケリー・クラークソンがホストを務める『The Kelly Clarkson Show』にベン・アフレックが出演。
子供の頃にプリンスの「Controversy (戦慄の貴公子)」同梱のポスターを飾っていた事を話ました。

The Kelly Clarkson Show

ジョージ・クルーニー監督作でベン・アフレック主演映画『僕を育ててくれたテンダー・バー (原題:The Tender Bar))』番宣の番宣ため、共演者のタイ・シェリダン、ダニエル・ラニエリと番組に出演。

ベンは”好きなアーティストは(天才)プリンスだった”と話し、9歳の頃「Controversy」に同梱していたポスター手に取り”あぁこのアーティストが好きなんだ”と思って壁に飾ったたそう。

後ろのモニターに映ると会場大盛りあがり!

それを見た母親が驚いたのを今でも覚えていいるそうで、母親は暫く頭の中で15の色んな考えを巡らせた後、"That's lovely. (素敵ね)"と理解のある母親だったエピソードを語ってくれました。

ケリーはタイとダニエルにもポスターの話を振りますが、ダニエルはジョージ・クルーニー監督の事が頭をよぎったのかつい”ジョージのバットマン”と間違いベンが立ち去ろうとする一幕もありました!(二人共バットマンしてますからね😊)

ケリー・クラークソンもプリンス・ファン

ケリー・クラークソンもプリンス・ファンで、昨年のプリンスの誕生月には"Kiss"と"When Doves Cry"を番組で披露してます。

参考アメリカの人気番組『The Kelly Clarkson Show』でケリー・クラークソンがプリンスのカヴァーを披露

続きを見る

スポンサーリンク

-Blog, Other News
-

© 2022 NPG Prince Site