今年の再発と未発表アルバムを整理&今後の妄想…

先日の1999 Super Deluxe Editionで今年のプリンスのリイシュー(再発)と未発表アルバム関連は打ち止めでしょうね。(クリスマス・プレゼントにもう一回…無いよね)

という事で、今年発売されたアルバムをSONYが2018年夏に発表したリイシュー関連とWarnerが発表した未発表(及びデラックス盤)に分けて整理してみます。

文中では判りやすく”SONY”と書いてますが、リイシューに関して正しくは”ソニー・ミュージックエンタテインメント傘下のレガシー・レコーディングス(Legacy Recordings)”が販売の契約を締結しています。

下はSONY公式のプリンス関連ニュースのページ

SONYリイシュー関連

まずSONYが昨年夏にデジタル配信した中からフィジカル化したアルバムを整理します。
当初23枚でしたが、今年「The VERSACE Experience (PRELUDE 2 GOLD)」のサプライズ・リリースがあったので24枚になりました。

デジタル配信されいるアルバム(赤文字はフィジカル済)

  • The VERSACE Experience: PRELUDE 2 GOLD (’95) / ’19/4/12 (cassette), 9/13(CD) 
  • The Gold Experience (’95)
  • Chaos and Disorder (’96) (’19/9/13)
  • Emancipation (’96) (2019/9/13)
  • Crystal Ball (’98)
  • The Truth (’98)
  • Rave Un2 The Joy Fantastic (’99) (’19/4/26)
  • Rave In2 the Joy Fantastic (’01) (’19/4/26)
  • The Rainbow Children (’01)
  • One Night Alone… (’02)
  • One Nite Alone… Live! (’02)
  • One Nite Alone… The Aftershow: It Ain’t Over! (’02)
  • Xpectation (’03)
  • N.E.W.S (’03)
  • Musicology (’04) (’19/2/8)
  • C-NOTE (’04)
  • The Chocolate Invasion (’04)
  • The Slaughterhouse (’04)
  • 3121 (’06) (’19/2/8)
  • Planet Earth (’07) (’19/2/8)
  • Indigo Nights (’08)
  • LotusFlow3r (’09)
  • Mplsound (’09)
  • 20Ten (’10)

今年は8枚と全体の1/3がリリースされた事になり、このペース通り進むなら2021年までに全てフィジカル化されそうですね😃

今後の行方

今後どの順番でリリースされるかは予測不能ですね…
消去法としてリリースが遅れそうなアルバムを勝手に妄想して書いてみます。

The Gold Experience

まず、The Gold Experienceはアルバム・レビューに書いた通り“The Most Beautiful Girl In The World”の問題が解決してないからなのかデジタル配信から除外されてます。ヴェルサーチが緊急発売されたのはゴールドが出せない状況から出た”苦肉の策”だったのかもしれないですが、プリンス屈指のバラードが収録されたアルバムなので早く解決してリリースして欲しいです。

Xpectation, C-NOTE, The Chocolate Invasion, The Slaughterhouse

この4枚はデジタル配信のみなのでパッケージングから検討しないと行けないので遅くなりそうですね。
それでも当時デザイナーだったスティーヴ・パーク氏とエステートは良好な関係を築いている(Anthology 1995-2010のデザインはスティーヴ氏が担当)なので、上手く進めば同時に4枚発表なんて事もあり得るかもしれないですね!
ただ、C-NOTEは元々”One Nite Alone…ツアー”時のサウンド・チェックの音源集で収録時間が約34分と短い事からフィジカル化されるか微妙ですけど、東京、大阪、名古屋と日本公演の音源が収録されてるから日本のファン的には是非ともフィジカル化して欲しい!

Indigo Nights

フィジカル化さえた中でも難しいのがIndigo Nights
元は’07年にイギリスのO2アリーナで開催された写真集「21 Night」に同梱されたCDなので単発リリースとなれば当然パッケージデザインが必要ですね。
写真集込みで再発するかどうかで変わりますが、出来れば当時限定発売されたプリンス特製iPodに収録された40分の動画込みのスペシャル盤でリリースしてくれないかなぁ…

20ten

パッケージングと言えば20tenも当時新聞の付録だったんでシンプルな紙ジャケだったんで、当時のデザイナーだったデビー・マクガン氏(Debbie McGuan)と協力して是非当時の雰囲気のままブックレットとか制作してもらいたいです。(来年はリリース10周年ですし!)
これがフィジカル化された暁にはロンTが発売されるといいですね😃

 

どれが出ても嬉しいですが…

今年再販されたアルバムは、リリースされる度にSNSで”あれはこうだったよねー”的な会話で盛り上がったし、当時では判らなかった状況や訳されなかった歌詞で判る事など、リアルタイム世代でも”なるほどー!”と思うことが色々ありました。

アナログ盤を待ち望む声もあるし正直どれ出ても嬉しいですが、個人的には当時宗教色が強いと海外で言われていた「The Rainbow Children」や、インストだからと冷遇されてた「Xpectation」にもう一度光を当ててもらいたい!

 

アルバムのリイシュー以外のプロジェクト

当時のインフォメーションの引用

2014~2015年の間のアルバムも将来ソニーミュージックより全世界発売となるほか、1995年以降にレコーディングされたシングルやBサイド、リミックス、アルバム未収録曲、ライブ音源、ミュージック・ビデオなども追って発売予定。なお、1978年から1996年に録音した作品(『Prince』、『1999』、『Sign ‘O’ The Times』、『Lovesexy』他)計12枚のオリジナル・スタジオ・アルバムについては3年後の2021年より北米のみソニーミュージックへ権利が移行、発売となる予定だ。

これによれば「ART OFFICIAL AGE」辺りもいずれSONYへ移るんでしょうけど、前から気になってるのは”1995年以降にレコーディングされたシングルやBサイド、リミックス、アルバム未収録曲、ライブ音源、ミュージック・ビデオなども追って発売予定”です。
ヴェルサーチがリミックスに当たるんですが、残りの部分が来年のどこかでリリースされるんですかね~!
”未発表”ではなく”未収録”ですから多分一度パッケージされた事がある・・・例えば「The Greatest Romance Ever Sold」辺りのリミックス盤とかかな?

’95年以降の映像ものだと…

  • The Undertaker / ザ・アンダーテイカー
  • The Sacrifice Of Victor / サクリファイス・オブ・ヴィクター
  • Beautiful Strange / ビューティフル・ストレンジ
  • The Beautiful Experience / ビューティフル・エクスペリエンス
  • Rave Un2 The Year 2000 / レイヴ・アントゥ・ザ・イヤー 2000
  • Live At The Aladdin Las Vegas / ライヴ・イン・ラス・ヴェガス

レイヴはUltimate Raveでソフト化済。
Live At The Aladdin Las VegasはDVDで発売されたから一番可能性高いですね。
The UndertakerThe Sacrifice Of Victorは一般販売されたもののVHSとLDだったからパッケージを再デザインしないとね。

一番欲しいThe Beautiful Experienceは「Gold Experience」で書いた様にTMBGITWの問題があるから暫く保留(それ以前に当時放送された番組をVHSで販売してただけだからかなり難しいかと)
Beautiful Strangeは現在Youtubeで断片的にアップ中、Raveと同じ感じでソフト化して欲しいけどメルBのインタビューとかも入るかなぁ…

序盤に書いた様に2021年から’96までに録音した作品は北米のみソニー・ミュージックへ権利が移行販売となるので、そこまでになにかしらの動きがあるでしょうし、そこから先は新たな再販があるかもですね。

 

Warner未発表&デラックス関連

今年リリースされたのは6月のORIGINALSと11月に予定されている1999 Super Deluxe Editionの2種類。

SONYのリリース枚数に比べれば少なく感じますが、「ORIGINALS」はアーティストに提供した楽曲のプリンス・ヴォーカル・バーションという”歌は知ってるけどプリンスが歌うと違って聴こえる”という不思議な感覚のアルバムでしたし、リリースは’82年なので37年周年と中途半端ですがタイトル的には20周年の「1999」は、B面、未発表、ライブとオリジナル+4枚の新作そしてライブ映像と充実した内容になっています。

未発表は来年もリリースされるでしょうけど何が出てくるかまったく不明なので発表までのお楽しみで!

デラックス盤が出るとすればDirty Mindが’20年10月で40周年、Graffiti Bridge」’20年8月で30周年なのでこのどちらか(もしくは2枚)がリリースされそうかな?!

2021年からどうなるか判らないけど、ワーナー側も◯◯年とか関係無く今回の「1999 Super Deluxe」みたいな豪華盤を出して欲しいなぁ…

 

でも矢継ぎ早過ぎたらパニック起こしそうなので良き感覚で(*´д`*)