Candy Dulferが新作「Together」をリリース

長らく待たれていたキャンディ・ダルファーの新譜がついにリリースされました!

アルバム情報

輸入盤ダウンロード版は4月14日でしたが、日本盤は”Together (Remix)”のボーナス・トラック収録で1ヶ月以上遅れの5月24日にリリースされます。

曲リスト

  1. How It’s Done
  2. Together (feat. vAn)
  3. Show Ur Id
  4. Age
  5. Sincerity
  6. After Tonight (feat. Rico Greene)
  7. Out of Time (for P) [feat. vAn]
  8. What U Do (when the Music Hits) [feat. Andy Stewlocks Ninvalle & vAn]
  9. Promises
  10. L.O.V.E. (feat. vAn) [Intro]
  11. Hold Up (feat. Chance Howard)
  12. So Close
  13. D.I.S.C.O.
  14. L.O.V.E. (feat. vAn) [Outro]
  15. I Cannot Believe

アルバムについて

’11年のCrazy以来だから約5年半振りの新作、いやー待ちましたね!(‘∇’)
ここ数年は自身のライブに加えてバージェット・ルイスやグレニス・グレース達と女性5人ユニット”Ladies of Soul”の活動もあって、ゆっくりする時間が無かったんでしょうね。

参加メンバーは彼女を長年支えてるウルコ・ベット(g)を筆頭に、マニュエル・ヒューガス(b)、ヨラン・フローム(ds)、リカルド・バルグルスト(g,vo)、デニス・レッド(kbds)、そしてプリンスのNPGに参加してたチャンス・ハワード(kbds,vo)が参加。
また近年のライブではヴォーカルを厚くしていて、昨年来日公演に参加したイヴァン・ペロティ(vo)やカミロ・ロドリゲス(vo)の他、アンディ・ニンヴァレ(rap,vo)が参加してます。

プリンスのライブを思い出しそうな楽しいグルーヴとファンキーなサウンドがカッコイイ“How It’s Done”、イヴァンのヴォーカルを前面に配した浮遊感のあるタイトル・トラックの“Together”、コーラスを交えて80年代前半の様なダンス・ナンバーの“Show Ur ID”と、EDM系だった前作と比較すると今作はよりファンキーにライブ感を大切にした様な楽曲が多く、ヴォーカル主体もかなり増えています(‘-‘)

この他、テクノ・サウンドの“Age”、ミディアム・スローの“Sincerity”、同郷のシンガーリコ・グリーンを迎えたディコ・ミュージックみたいな“After Tonight”、ラテン・サウンドを取り入れた“What U Do”、チャンス・ハワードをフューチャリングした“Hold Up”もファンキーで楽しい1曲です(‘-‘)

そして”Out of Time (for P)”はプリンスに捧げた1曲でこちらも素敵な1曲です。

ライブ感のある本作は聴いててホント楽しいです!
昨年来日したばっかりだけど、本作を引っ提げてまた来日公演をやってくれそうですね(‘∇’)

 

オマケ

↓は昨年行われたライブのフル動画です(‘-‘)

↓はインタビュー動画

半分も聞き取り出来てないけど昨年リリースされた「サックス・ワールド」でのインタビューと似てる内容で、プリンスの事も話してます。