第57回グラミー賞授賞式にプレゼンターとしてプリンスが登場

第57回グラミー賞の最優秀アルバムのプレゼンターとしてプリンスが登場しました。

KIDさん(@npg_kid)が投稿した動画 –

プリンスの登場だけで会場はスタンディングオベーション!
(アフロとオレンジ色の衣装が、インドの某スピリチュアルのあの人を思い出してしまいますが・・・)

受賞したBECKはプリンスのファンとしても有名で、トロフィーを受け取った後、"Hi Prince"って言ってましたw

プリンスはプレゼンターだけの出演でしたが、冒頭で”アルバムって覚えてる?アルバムは大事なものだよ。本や黒人の命のように、大事なものなんだ。”とアルバムよりも楽曲単位のダウンロードによる価値の低下に加え、ファーガソンで起きた黒人の射殺事件等の話も入れてのメッセージを残しました。

Albums… remember those?
Albums still matter.
Like books and black lives,albums still matter.

プリンス・ファン関係無しに、この言葉は後世に語り継がれる名言じゃないかと思います。

本題のグラミー章ですが、主要4部門の結果だけ書いておきます。

【最優秀レコード】
Fancy / Iggy Azalea Featuring Charli XCX
Chandelier / Sia
Stay With Me (Darkchild Version) / Sam Smith
Shake It Off / Taylor Swift

【最優秀アルバム】
Morning Phase / Beck
Beyoncé / Beyoncé
X / Ed Sheeran
In The Lonely Hour / Sam Smith
Girl / Pharrell Williams

【最優秀楽曲】
All About That Bass / Meghan Trainor
Chandelier / Sia
Shake It Off / Taylor Swift
Stay With Me (Darkchild Version) / Sam Smith
Take Me To Church / Hozier

【最優秀新人】
Iggy Azalea
Bastille
Brandy Clark
Haim
Sam Smith

主要4部門中3つをサム・スミスが獲得!
私の予想は次点を入れれば3つだけど、本命だと新人賞だけしか当たりませんでしたw

今回テイラーはカントリーからポップに路線変更してまで頑張ったけど惜しかったですね~