True Confessions / T.C. Ellis (’91)

T.C.エリス / トゥルー・コンフェッションズ

アルバム情報

Released:1991/5/28 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

Track List

  1. Intro (0:10)
  2. Dope (4:31)
  3. Segue (0:30)
  4. Miss Thang (3:30) P
  5. Pussycat (4:08)
  6. For The Record (3:55)
  7. Bustin’ (4:48)
  8. Brothers And Sisters (3:42)
  9. True Confession (3:58)
  10. Cold Thang (4:42)
  11. Bambi (Rap) (4:33)
  12. Girl O’ My Dreams (1:34) P
  13. Somebody’s Got To Love Her (5:43)
  14. Love (4:44)
  15. Brothers And Sisters (Reprise) (0:52)
  16. Miss Thang (Vasquez Ice Mix) (5:37) P

Personnel

Produce, Arranged

  • Prince (4)
  • Levi Seacer, Jr. (producer, mixing) (1-3, 5, 6, 8-15)
  • George Clinton (producer) (7)
  • Larry Robinson (remix) (4)
  • Junior Vasquez (remix) (16)
  • brownmark (7)
  • Alan Leeds (executive producer)

Written

  • Prince (4, 12, 16)
  • Levi Seacer Jr. (8)
  • Levi Seacer Jr., T.C. Ellis (6, 9, 13)
  • T.C. Ellis, Bryant Young, Demetrius “Sir Jam” Ross, Levi Seacer Jr., Scott “L-7” McNeal, Todd “Cowboy” Hunter (2)
  • T.C. Ellis, Darryl Boudreaux, J.D. Steele (5)
  • T.C. Ellis, Gary Owens (10)
  • T.C. Ellis, Demetrius “Sir Jam” Ross, Levi Seacer Jr., Scott “L-7” McNeal (14)
  • Cecil Womack, Tracey “Treylewd” Lewis (7)

Musician

  • Prince (all instruments) (4)
  • Jana Anderson (vocals) (4)
  • Levi Seacer, Jr. (all instruments)
  • Eric Leeds (saxophone) (6)
  • Rosie Gaines (back vocal) (9)
  • Demetrius “Sir Jam” Ross (Rap, Turntables) (1)
  • Scott “L-7” McNeal (Rap, turntables, scratches) (1, 9)
  • Todd “Cowboy” Hunter (Rap, turntables) (1)
  • B-Quik (turntables) (8, 10)
  • Joseph “Amp” Fiddler (keyboards) (5)
  • Levi Seacer Jr. (keyboards) (5)
  • George Clinton (vocals) (5, 7)
  • Mallia “Queen Of Funk” Franklin (vocal) (5)
  • Candace Harrison (vocals) (7)
  • Brett Warren (guitar) (11)

アルバム・レビュー

映画グラフィティ・ブリッジにラッパー役”TC”で参加、サントラGraffiti Bridgeではラストの“New Power Generation (Pt.II)”、そしてMaxiシングル「New Power Generation (Funky Wepon Remix)」で“T.C’s Rap”に参加と下地が整った所でペイズリー・パーク・レコードからデビュー・アルバムをリリースしました。

メイン・プロデューサーはリーヴァイ・シーサー,Jr.で、他にはジョージ・クリントン”Bustin’”(リミックスをブラウンマークが担当)を、プリンスは“Miss Thang”のソングライトとプロデュースを担当しています。
直接関与はしてませんが、ライブで披露するも公式リリースされなかった“Girl O’ My Dream”のラップ版、そしてBambiをネタに使ったカヴァー曲的な“Bambi (Rap)”が収録されてます。

前半は割とベタなラップ・ナンバーが続きますが、ジョージ・クリントンがヴォーカルで華を添えるファンカデリック要素満載の“Pussycat”、リーヴァイのブルジーなギターをバックに語りに近いラップを披露する“Somebody’s Got To Love Her”、ナット・キング・コール版でも有名な名曲を冒頭に差し込む“LOVE”等、ナカナカ遊び心のあるアルバムです。

残念ながら思惑通りの成功はしませんでしたが、プリンスが当時目指してたラップを取り入れるアプローチの一端を垣間見えるアルバムだと思います。でも、同じ目指すならトニーMでも試して欲しかったな…

Music Video

”Miss Thang”のMVにはトニー、カーク、デイモンのゲーム・ボーイズが参加しています。