スポンサーリンク

The Wild Heart / Stevie Nicks ('83)

スティーヴィー・ニックス / ザ・ワイルド・ハート

アルバム情報

Released:1983/6/6 | Label: Modern Records, EMI Records

Listen on Apple Music

Track List

Disc 1

  1. Wild Heart (6:09)
  2. If Anyone Falls (4:09)
  3. Gate and Garden (4:06)
  4. Enchanted (3:06)
  5. Nightbird (5:01)
  6. Stand Back (4:51) P
  7. I Will Run To You (3:21)
  8. Nothing Ever Changes (4:09)
  9. Sable on Blond (4:15)
  10. Beauty and the Beast (6:04)

Disc 2 (Deluxe Edition :Rhino 2016)

  1. Violet and Blue (From "Against All Odds") [Remastered] (5:03)
  2. I Sing For the Things (4:40)
  3. Sable on Blond (Alternate Version) (7:36)
  4. All the Beautiful Worlds (5:40)
  5. Sorcerer (5:35)
  6. Dial the Number (4:29)
  7. Garbo (B-Side) [Remastered] (3:31)
  8. Are You Mine (Demo) (3:10)
  9. Wild Heart (Session) (6:36)

Personnel

Produce

  • Gordon Perry (1, 3)
  • Jimmy Iovine (2, 4, 5, 6, 8-10)
    Tom Petty (7)

Written

  • Stevie Nicks (1, 3, 4, 9, 10)
  • Stevie Nicks, Sandy Stewart (2, 5)
  • Stevie Nicks, Prince (6)
  • Tom Petty (7)
  • Stevie Nicks, Sandy Stewart, Sandy Stewart (8)

Guest

  • Prince (keyords [uncredited]) (6)

アルバム・レビュー

フリートウッド・マックのヴォーカリスト、スティーヴ・ニックスのソロ2ndアルバムです。
アルバムに収録されている”Stand Back”はプリンスとスティーヴの共作とクレジットされていますが、この曲の制作経緯を後にインタビューで答えています。

Stand Back誕生エピソード

Stevie Nicks' new whirl
Stevie Nicks' new whirl

www.startribune.com

Stevie Nicks Based 'Stand Back' on This Prince Song
Stevie Nicks Based 'Stand Back' on This Prince Song

www.cheatsheet.com

上記の2つの記事を総合すると...
スティーヴィーがキム・アンダーソンと結婚し、新婚旅行でサンタバーバラのサン・イシドロ・ランチに向かっているとラジオから流れてきた“Little Red Corvette”に衝撃を受けた彼女は車を止めテープに録音したそうです。
後日ロスのスタジオでレコーディングを行うと、プリンスの電話番号を見つけ(どうやって見つけたかは聞かないでと言いながら)“Little Red Corvette”をもとに曲を作った事を伝え、50%をあなたに渡すから1日でいいから演奏に参加して欲しいと伝えます。
すると1時間(別の記事では20分位)でスタジオににやってきたプリンスは、彼女の曲を聴くと1時間半ほどスタジオに滞在しキーボードを弾いて颯爽と帰っていったそうです。
"共作"というよりは”インスピレーション”に近いですがプリンスに敬意を払って共作とクレジットしロイヤリティも5:5にしたそうです。

もう1曲手渡したインストゥルメント曲は...

スティーヴィーはプリンスに「いつか一緒に曲を作れないかな?」と頼みます。するとプリンスは長いインストゥルメンタル・トラックのカセットを彼女に送り、歌詞を書くように誘いました。

"It was so overwhelming, that 10-minute track, that I listened to it and I just got scared," Nicks remembered. "I called him back and said, 'I can't do it. I wish I could. It's too much for me.' I'm so glad that I didn't, because he wrote it, and it became 'Purple Rain.'"

「その10分間のトラックを聴いて、私は怖くなったわ」とニックスは回想。
私は彼に電話をかけ直すと、「私にはできないわ。できればいいんだけど。私には(歌詞を書くことは)無理だわ」ってね。
そうしなくて本当によかった。彼が書いてくれた曲は、「パープル・レイン」になったんだもの。

プリンスが"Purple Rain"をそのまま彼女に渡すつもりでいたのか、それとも共演の誘いだったかは判りませんが、彼女が歌詞を書いていたら別の物語が生まれていたかもしれません。

Music Video

スポンサーリンク

© 2022 NPG Prince Site