Caring / Rosie Gaines (’85)

ロージー・ゲインズ / コーリング

アルバム情報

Released:1985

Track List

  1. Dance All Night Long (5:52)
  2. I’ve Gone Too Far (4:40)
  3. Skool-ology (Ain’t No Strain) (3:56)
  4. Caring (6:41)
  5. Frustration (4:15)
  6. Wake Up (5:17)
  7. Good Times (5:20)
  8. What Are We Coming To (3:55)
  9. Innocent Girl (3:24)

Personnel

Produce

  • Curtis Ohlson (4, 9)
  • Friendship Producers Company (1-4, 6, 8, 9)
  • Rosie Gaines

Written

  • Rosie Gaines
  • Rosie Gaines, C. Gaines, M.Hudson, Don Cornelius (2)
  • Rosie Gaines, T. Abdller
  • Rosie Gaines, Curtis Ohlson (6, 11)
  • Rosie Gaines, Don Cornelius (7)
  • Rosie Gaines, Curtis Ohlson, Don Cornelius (8, 9)
  • P. Monten, J. Greene (10)

Musician

  • Rosie Gaines (Vocals, Backing Vocals, Piano, Electric Piano, Synthesizer, Percussion)
    Marc Russo (Sax) (6)
    Curtis Ohlson (Bass)
    Mick Mestick (Drums) (6)
    Paul Van Wageningen (drums)
    Curtis Ohlson (Guitar) (8)
    Dan Huff (Guitar) (1-3, 5, 7, 8)
    Levi Seacer, Jr (Guitar) (5, 6)
    Steph Birnbaum (Guitar) (4, 9)
    Paulinho Da Costa (Percussion) (1, 3, 7)
    Dave Goldblatt (Synthesizer) (9)
    Denzil “Broadway" Miller (Synthesizer) (1)
    Frank Martin (Synthesizer) (6)
    Greg Phillinganes (Synthesizer) (7)
    Wilton Felder (Tenor Sax) (3)

アルバム・レビュー

NPGでの活躍で再注目されて、当時廃盤になっていた’85年のデビュー・アルバムと2ndアルバムも再版されました。
エグゼクティブ・プロデューサーには米人気TV「Soul Train」のドン・コーネリアス、そしてロージー本人と10代の頃に参加していたカーティス・オールソン・バンドのカーティス・オールソンとの共同プロデュースで作られたこのアルバムは、 全体的にはフュージョン系のグループのリーダーだったカーティスがプロデュースしているだけあって、彼がプロデュースした作品の“Wake Up"“Good Times"等、随所にフュージョンっぽいサウンドが盛り込まれています。

ちなみにアルバムには当時カーティス・オールソンと付き合いのあったリーヴァイ・シーサー,Jr.がギタリストとして参加しています。

2018-05-23