Party Crashers / Philthy (’18)

フィルシー / パーティー・クラッシャー

アルバム情報

Released: 2018/7/6 | Label: Ropeadope

Track List

  1. Take A Ride (4:45)
  2. Freaky (4:16)
  3. Party Crashers (4:24)
  4. Bump Da Man (4:22)
  5. Good Day (3:50)
  6. Interlude (1:03)
  7. Our Love Is Gold (4:42)
  8. Diamond In The Rough (4:46)
  9. Epidermis (3:57)
  10. Happy Train (4:18)
  11. Life Success (4:50)

Personnel

Produce, Arranged

  • Philip Lassiter

Written

  • Philip Lassiter (1, 6, 7, 11)
  • Philip Lassiter, Elliott Yamin (2, 5)
  • Philip Lassiter, Bobby Sparks (3)
  • Philip Lassiter, Brett Nolan (4, 8, 9)
  • Philip Lassiter, Brett Nolan, Elliott Yamin (10)

Musician

  • Philip Lassiter (vocal, Clavinet, drum programing, synths, organ, trumpet)
  • Mark Simmons (drums)
  • Elin Sandberg (bass)
  • Dmitry Gorodetsky (bass)
  • Jamahl Smith (bass)
  • Jimmy Neuble (bass)
  • Allen Cato (guitar)
  • Michael Nomadripoll (guitar)
  • Mike Cordone (trumpet)
  • Erik Hughes (tenor sax, trombone)
  • Doug Dehays (tenor, baritone sax)
  • Tyler Summers (tenor sax)
  • Jesse Mcginty (tenor sax)
  • Danny Janklow (tenor sax)
  • Keth Anderson (sax)
  • Amber Sauer, Danielle Withers, Josephine Rojer, Mariah Maxwell, Elliott Byamin, Peaches West , John Montez (vocal)
  • Chris Johnson (bone)
  • Ernie Greene (dj)
  • Xavier Taplan (rhodes)

featuring

  • Elliott Yamin (vocal) (1-5, 7, 9, 10)
  • Mononeon (4, 9)
  • Bobby Sparks (B3 Organ, clavinet, Melotron, Moog) (1, 3, 4, 5)
  • Mark Lettieri (guitar) (2, 3, 4, 10)
  • Tommy Sims (vocal) (11)
  • Juan Ariza (guitar) (1, 2, 7, 8, 9, 11) (additional programing) (5, 9, 11)
  • Eric Seats (drums) (7, 8,)
  • Jason Jt Thomas (drums) (1, 4, 5, 10)
  • Charlie Peacock (vocal) (11)
  • Simon Novsky (talk box) (2) (arrange) (7, 8)
  • Leddie Garcia (percussion) (1, 3, 4, 7, 8, 10)

アルバム・レビュー

NPG Hornzのバンマス的な存在で活躍していたフィリップ・ラシータ。
前作「Chill Mode」(’17)から1年3ヶ月振りにリリースされた新作は、”Philip Lassiter Presents”と銘打ち’14年にリリースしたPhilthyの名をバンド名にしたプロジェクトです。

自身のライブで活躍していたメンバーに加え「The Voice」に出演経験のあるアンバー・ザウワーやビヨンセのバックを努めたダニエル・ウィザース等が大所帯バンドに進化。

フューチャリング・アーティストにはスティーヴィー・ワンダーも絶賛し’07年にデビューを果たしたエリオット・ヤミンやプリンス繋がりで前作にも参加したモノネオン等が参加しています。

昨年末に先行発表された“Take A Ride”は、シャウト気味に歌うエリオットとフィリップの掛け合いによるヴォーカルと厚めのホーン隊によるファンキーなサウンドで、どことなくレイチル頃からのプリンス・サウンドの雰囲気を感じる1曲。
この路線が顕著に現れるのはモノネオンも参加した”Bump Da Man”で、随所にMusicologyのフレーズが差し込まれ終了間際には演説を入れる辺りもリスペクトされています。
また2ndで発表されたタイトル・トラックの“Party Crashers”は70年代に流行ったディスコ風のサウンドでMVには真っ赤なスーツとバンダナを巻いたプリンスっぽい人も登場するファンク・ナンバーです。(MVのエンドロールには”CAPS-PRINCE”と役名がクレジットされてました)

この他、エリオットとマリア、ジョセフィン、ピーチズ3人の女性によるコーラスが素敵なスロウ・ナンバーの“Our Love Is Gold”や90年代のコンテンポラリー・サウンドを彷彿させる“Diamond In The Rough”、古き良きR&Bテイストの“Epidermis”等、大所帯ならではのバラエティに飛んだアルバムになっています。

Music Video

Related Artists'10s, Hornz

Posted by KID