Poetry In Motion / Najee (’17)

ナジー / ポエトリー・イン・モーション

アルバム情報

Released:2017/8/25 | lABEL: Shanachie Entertainment

Track List

  1. Stratosphere (4:40)
  2. Is It The Way Back (5:31)
  3. Let’s Take It Back (4:24)
  4. Noche Romantica (5:19)
  5. We’ll Be Missing You (6:19)
  6. Song For The Ladies (4:49)
  7. Don’t Make Me Wait (4:33)
  8. Poetry In Motion (6:28)
  9. Running Away (4:45)
  10. Duolology (3:50)

Personnel

Produce, Arranged

  • Najee
  • Barry Eastmond (1, 4-8)
  • Najee, Bluey (3)
  • Randy Bowland (9)
  • Roderick Bonner III (10)

Written

  • Barry Eastmond, Najee (1, 4, 6, 8)
  • Barry Eastmond, Eric Roberson (2)
  • João Caetano, Matt Cooper, Francis Hylton, Jean-Paul “Bluey" Maunick, Francesco Mendolia, Najee (3)
  • Will Downing, Barry Eastmond, Najee (5)
  • Barry Eastmond, Maysa Leak (7)
  • Randy Bowland (9)
  • Rod Bonner, Najee (10)

Musician

  • Najee (soprano sax, tenor sax, flute)
  • Blake Aaron (guitar) (1, 2, 4-6, 9)
  • Bluey (guitar) (3)
  • Richard Bull (guitar) (3)
  • Randy Bowland (guitar) (6) (guitar, keybords, drum program) (9)
  • Carl Carter (bass) (1, 2, 4-6, 8)
  • Francis Hylton (bass) (3)
  • Michael Manson (bass) (9)
  • Jermaine Parrish (drums) (1, 2, 4, 5, 8)
  • Francesco Mendolia (drums) (3)
  • Barry Eastmond (keyboards) (1, 2, 4-8)
  • Matt Cooper (keybords) (3)
  • Roderick Bonner III (bass, keybords, drum program) (10)
  • Bobby Lyle (piano) (9)
  • Victor Williams (percussion) (1, 2, 4, 5)
  • João Caetano (percussion) (3)
  • Eric Roberson (vocal) (2)
  • Incognito (3)
  • Will Downing (vocal) (5)
  • Maysa Leak (vocal) (7)

アルバム・レビュー

アルバムとしては’15年の「You, Me & Forever」以来。
参加ミュージシャンはアレサ・フランクリンやアニタ・ベイカー等のアルバムに参加していた名匠バリー・イーストモンドを筆頭に、’15年の「Soul Stories」も話題になったブレイク・アーロン、チック・コリアのバンド等に在籍していたカール・カーター、ジョーのバンド・メンバーとして来日経験もあるジャーメイン・パリッシュ、過去作でも共演しているヴィクター・ウィリアムス等が参加。
ゲストには、エリック・ロバートソンやインコグニート、ウィル・ダウニング、そしてインコグニートでヴォーカルを努めたメイザ・リーク等、豪華な顔ぶれが揃ってます。

先行公開されたインコグニートが参加した“Let’s Take It Back"は両者の良いとこ取りの様なインスト・ナンバーです。

この他、全10曲中7曲はバリー・イーストモンドと共作で、アーバン感漂う開幕の“Stratosphere"やスパニッシュ・テイストの“Noche Romantica"といったインスト曲、エリックによる甘美な歌声との組み合わせが美しい“Is It the Way Back"そしてメイザ・リークの纏わりつく様なハスキー・ヴォイスが心地よい“Don’t Make Me Wait"といったヴォーカル曲のバランスがとても良いです('∇’)

今作はプリンスそしてアル・ジャロウへのリスペクトを詰め込んだアルバムという事で、“Noche Romantica"ではXpectationN・E・W・Sみたいな香りが感じられました。