Dial: M-A-C-E-O / Maceo Parker (’00)

スー /

アルバム情報

Released:9999

Track List

(US)

  1. Dial MACEO (0:22)
  2. Rabbits On The Pea Patch (5:09)
  3. Coin Toss (2:54)
  4. My Baby Loves You (3:21)
  5. The Greatest Romance Ever Sold (5:38) P
  6. Black Widow (4:55)
  7. I’ve Got Work To Do (4:01)
  8. Simply Tooley (4:28)
  9. Latin Like (4:39)
  10. The Closer I Get To You (5:27)
  11. My Love (4:36)
  12. Homeboy (5:48)
  13. Baby Knows (3:24) P

(other)

  1. Dial MACEO (0:23)
  2. Rabbits On The Pea Patch (5:10)
  3. My Baby Loves You (3:23)
  4. I’ve Got Work To Do (4:02)
  5. The Greatest Romance Ever Sold (5:38) P
  6. Black Widow (4:59)
  7. Coin Toss (2:55)
  8. Simply Tooley (4:30)
  9. Latin Like (4:40)
  10. The Closer I Get To You (5:30)
  11. My Love (4:05)
  12. Homeboy (5:50)
  13. Baby Knows (3:24) P

Personnel (US)

Produce, Arranged

  • Daniel Wise (1-4, 6-12)
  • Prince (Prince) (5, 13)
  • Maceo Parker (Arranged)

Written

  • Maceo Parker (2, 3, 7-9, 12)
  • Prince (Prince) (5, 13)
  • Ronald, O’kelly & Rudolph Isley (4)
  • Corey Parker (6)
  • James Mtume (10)
  • Linda & Paul McCatney (11)

Additional Musician

  • Maceo Parker (saxophone, flute) (vocals) (2-4, 7-9, 11)
  • Prince (Prince) (all other instruments,vocals) (5, 13)
  • Michael Bland (drums) (13)
  • Jamal Thomas (drums) (2, 3, 7-10, 12)
  • Kevin Hupp (drums) (4, 6, 11)
  • Rodney “Skeet” Curtis (bass) (2-4, 6-12)
  • Bruno Speight (guitar) (2-4, 6-12)
  • Will Boulware (organ) (2-4, 6-12)
  • Kevin Hupp (percussion) (3, 4, 6, 9, 10, 12)
  • Vincent Henry (saxophone) (3, 7, 9, 10)
  • Greg Boyer (trombone) (3, 4, 7-10, 12)
  • Ron Tooley (trumpet) (3, 4, 7-10, 12)
  • Ani DiFranco (vocals,guitar) (3)
  • James Taylor (vocals) (4)
  • Sheryl Crow (vocals, harmonica) (13)
  • ‘Sweet’ Charles Sherrell (vocals) (2, 4)
  • Audrey Martells (vocals) (2, 4, 6, 10)
  • Corey Parker (vocals) (2, 4, 6)
  • Diann Sorrell (vocals) (2, 4, 6, 10)

アルバム・レビュー

’99年の「Rave un2 The Joy Fantastic」に客演として初めて参加、以降NPGのサポート・メンバーとしても活躍しているメイシオ。
本作はこの翌年となる’00年にリリースしたアルバムでリーダー作としては11枚目となります。
プロデューサーは前作Funk Overload(’98)を手掛けたダニエル・ワイズ、そしてプリンスが2曲参加しています。
客演にはNPGメンバーの他に「Rave Un2~」に参加していたシェリル・クロウ、アーニー・ディフランコ等が参加しています。

プッシュホンを”M”,”A”,”C”,”E”,”O”とプッシュしてからスタートするタイトル・トラックの“Dial Maceo”から“Rabbits In The Pea Patch”へ演奏が続く辺りは流石で、メイシオのファンキーなソロ・パートが延々続くカッコイイナンバーです。
他にもアイズレー・ブラザースの名曲“I Got Work To Do”(’72)やアニーがギターとヴォーカルで参加した“Coin Toss”、ポール・マッカートニーの“My Love”のシックなアレンジ、ロバータ・フラックとドニー・ハサウェイのデュエット曲“The Closer I Get To You”(’78)をファンキーにアレンジしたりと、どれも聴き応えあります。

もう1つの注目は前述のプリンスのアルバム「Rave Un2~」に収録されていた“The Greatest Romance Ever Sold”とシークレット・トラックの“Baby Knows”のヴォーカル部をメイシオのアルト・サックスで演奏するというインスト・ナンバーが収録されています。プリンス好きの私としては嬉しい限りではあるけれど、このオマケ無しでも十分楽しめるアルバムです。