Kip Blackshire / Kip Blackshire (’04)

キップ・ブラックシャイアー / キップ・ブラックシャイアー

アルバム情報

Released:2004/1/1 | Label: Kip Blackshire

Track List

  1. As It Falls (3:33)
  2. Touchin’ & Agreein’ (3:43)
  3. Flying (4:36)
  4. Pieces (3:51)
  5. I Promise (4:21)
  6. Prelude (4:36)
  7. The Next Flight (3:09)
  8. Touchin’ & Agreein’ Live @ Paisley Park (4:29)
  9. Don’t Leave Live @ Paisley Park (3:56)

Personnel

Produce, Arranged

  • Kip Blackshire
  • Morris Hayes (co-produce)

Music

  • Kip Blackshire
  • Kip Blackshire, Justin Blair, Morris Hayes (4)
  • Kip Blackshire, Kyle “Keymaster" Wood (5)

Lyrics

  • Zoe LaPlaca (1)
  • Kip Blackshire, Wade Linkert (2)
  • Kip Blackshire, Zoe LaPlaca (3, 4, 6, 9)

Musician

  • Kip Blackshire (guitar, keyboards, Hammond organ, Piano, bass)
  • Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (keyboards, drum programing)
  • Lance Sabin (guitar)
  • Justin Blair (bass, guitar)
  • Dudley D (scratches)
  • Kyle “Keymaster" Wood (guitar)
  • Chad Elliot (drums)
  • Tracy Morgan (guitar)
  • Russell King (keyboards)
  • and more…

アルバム・レビュー

The Rainbow Childrenのレコーディングが一段落した頃、ONAツアーに参加しないカーク・ジョンソンやマイク・スコット達とFonky Bald Headsを結成しThe Self Titled Albumをリリース、その後ブラウンマークのバンドCrypticに参加からしたりと積極的に活動、これまでの経験を活かし’04年についにデビュー・アルバムをリリースしました。

プロデュースはキップ本人とコ・プロデュースとしてモーリス・ヘイズが参加。
しっとりとしたイントロから徐々に激しくなる“As It Falls"、小気味良いギターのカッティングとスクラッチが上手くミックスされたファンキーな“Touchin’ & Agreein'"、ストリングスをバックにしっとりと歌う“Flying"、BPM遅めのハード・ロックっぽいサウンドながら後半からラップが入る“Pieces"等、ソロならではの遊びを入れたサウンドとキップの素敵なヴォーカルが堪能出来る一枚です。

ちなみに8,9曲のライブですが、CD背面には[LIVE]とだけ書いてあるのにデジタル・ダウンロード版には"Paisley Park/Prince"と書いてあります。