Everything Blows! / Hornheads (’19)

ホーンヘッズ / エヴリシング・ブロウズ!

アルバム情報

Released:2019/3/5 | Label: BONE 2 B WILD RECORDS

Track List

    1. Chromazone (5:38)
    2. Under the Sycamore Tree (3:18)
    3. Willy’s Hat Box (3:49)
    4. 3 Wishes (4:01)
    5. The Delinquency of a Minor (5:43)
    6. Cayo Lago (3:42)
    7. A Night in Tunisia (4:42)
    8. New Dell Inn – Remix (3:21)
    9. Lady Dude – Remix (3:41)
    10. Nucular Power Pants (2:42)

Personnel

Produce, Arranged

  • Michael B. Nelson

Member

  • Michael B. Nelson (trombone, euphonium)
  • Steve Strand (lead trumpet, flugelhorn)
  • Dave Jensen (trumpet, flugelhorn)
  • Kenni Holmen (soprano & tenor saxophone)
  • Kathy Jensen (alto & baritone saxophone)

Additional Musicians

  • Cory Wong (guitar) (7, 8, 9, 10)
  • Bill Chouinard (bass) (7, 8, 9, 10)
  • Greg Schutte (drums) (7)
  • Shai Hayo (percussion) (7)
  • Michael B. Nelson (keybords, synth bass, drum prigramming) (7, 8, 9, 10)

アルバム・レビュー

ホーンヘッズ単独アルバムとしては15年振りとなる通算4枚目のアルバムです。
HITnRUN Phase Twoまでプリンスを支えてきたホーンヘッズでしたが、やっと再始動のタイミングになったんでしょうね…

プリデュースとアレンジはプリンスのアルバムでも手腕を振るったマイケル・B・ネルソンで、メンバーも変わらず5人のままです。
過去3作と大きく違うのは、前半6曲はメンバーのみでホーン・サウンドを披露する"Side A"、そして後半4曲には客演を迎えリズム・セクションを展開する"Side B"とアナログ盤を意識した構成にしています。
客演にはVulfpeckのコーリー・ウォンLP Musicにも参加したミネアポリス在住のピーター・ジャニクシャイ・ハヨなどが参加。

前半は過去作同様、5人によるアンサンブルを楽しむ事が出来ます。
マイク・スターンのギターが印象的だったけどホーン・アレンジもカッコいい“Chromazone"や、ディジー・ガレスピーとフランク・パパレリの共作でアート・ブレーキーやマイルス・デイヴィス他様々なアーティストが演奏したスタンダード・ナンバーの“A Night in Tunisia (チュニジアの夜)"の他、“Billy Jack Bitch”のホーンで使われたNew Dell Innや前作収録のLady Dudeのリミックスといったセルフ・カヴァーもバンド・編成になってファンキーな仕上がりになってます。