That Skinny Motherfucker With High Voice? / dump (’01)

ダンプ / ザット・スキニー・マザーファッカー・ウィズ・ハイ・ヴォイス?

アルバム情報

Released: 2001/3/27 | Label: Shrimper

Track List

  1. 1999 (7:03)
  2. Raspberry Beret (3:34)
  3. Erotic City (3:24)
  4. The Beautiful Ones (5:22)
  5. When U Were Mine (4:04)
  6. How Come U Don’t Call Me Anymore? (3:29)
  7. Pop Life (3:53)
  8. A Love Bizarre (6:54)
  9. Girls + Boys (4:43)
  10. Dirty Mind (4:19)
  11. An Honest Man (2:55)
  12. Another Lonely Christmas (5:09)

Personnel

Produce, Arranged

  • Dump

Written

  • Prince

アルバム・レビュー

Dumpは、Fuji Rockにも参加したAlternativeバンド”ヨ・ラ・テンゴ”のメンバーでベーシストのジェームス・マクニューによるプロジェクトで、本作は’99年にカセットでリリースされたプリンスのカヴァー・アルバムに数曲追加し2001年3月にCD化されたものです。

Paradeのジャケットを走り描きした様なジャケットに手書きの収録リストと、なんともチープなデザインですが、内容はデザインからは想像出来ないものです。
まず選曲が非常にマニアックで、“1999”“Raspberry Beret”と代表曲もありますが、”Let’s Go Crazy”のシングルB面“Erotic City”を始め、Purple Rainから敢えて“The Beautiful Ones”を選曲したり、シーラ・Eが歌った”A Love Bizarre”、”1999″のB面“How Come U Don’t Can Me Anymore?”、”I Would Die 4 U”のシングルB面“Another Lonely Christmas”と”裏”を突いてカヴァーしています。

サウンドの方は、単調な打ち込みサウンドに加えけだるいなヴォーカルとが曇り空の様な微妙な雰囲気を醸し出す”1999″を始め、割と原曲に近い形の”Raspberry Beret”、パンク・ロック風でオリジナルとはかなり違う”Erotic City”等、プリンス・ファンとしては前半からこの暗めのトーンに少々戸惑いを覚えます。
この他、アコギで演奏されるカントリー・テイストの”How Come U Don’t Can Me Anymore?”、オリジナルとはかなり違いますがナカナカ綺麗なサウンドの”Pop Life”、不安定なサウンドがなんとも異質な”Girls & Boys”と前半の印象をそのまま引きずる形でラストまで流れていきます。
一聴すると、趣きの違うこのカヴァー・アルバムに抵抗を感じてしまいますが、聴けば聴くほど素朴なサウンドとヴォーカルがやけに耳に残ります。
プリンス・ファンの方にはこの差を一度聴いてみてもいたいアルバムです。

 

Related Artists'00s, Covers

Posted by KID