Once Again / Brenda Bennett (’17)

ブレンダ・ベネット / ワンス・アゲイン

アルバム情報

Released:2017/11/20 | Label:Brenda Bennett

Track List

  1. Something’s on Fire (3:19)
  2. Victim of Your Charm (4:31)
  3. One Moment in Time (4:42)
  4. Black Morning Sunrise (4:21)
  5. Disposable Love (4:36)
  6. So Close (3:52)
  7. Summertime Love (3:39)
  8. Wonderful Beautiful (3:19)
  9. So Strange (7:22)
  10. 17 Days (4:40) P

Personnel

Produce, Arranged

  • Brenda Bennett

Written

  • Brenda Bennett
  • Brenda Bennett, De Harris (1)
  • Brenda Bennett, John Palumbo (2)
  • Brenda Bennett, Brian Moser (7)
  • Betsy Listenfelt, Brenda Bennett, Dylan Walsh (9)
  • Prince, Lisa Coleman, Wendy Melvoin, Matt Fink (10)

アルバム・レビュー

前作A Capella(’11)の後、アップテンポのGuiltier(’13)やPrivate Party(’14)、しっとりとしたOk Enough(’15)と色んなパターンを聴かせてきましたがアルバムは6年振り、ブレンダもまた私達と同じく前年の悲しみに暮れていましたが”Once Again (もう1度)”アルバムを制作しました。

ロック色全開の開幕曲“Something’s On Fire”、粘っこい歌唱法はどこかボウイらしさもある“Victim of Your Charm”、スロー・ナンバーの“One Moment In Time”、後半ではオールディーズ風ロックンロールの“Summertime Love”、約7分半と長尺の“So Strange”と、シングルでは弾けてましたが、アルバムだと再び土着的なサウンドに戻っています。

そして何よりこのアルバムで注目はラストの“17 Days”
この曲はヴァニティ6からアポロニア6になるドタバタしてた頃、ブレンダをメイン・ヴォーカルにして一度は録音、ところがアポロニアが来た事で場が落ち着き、プリンス&ザ・レヴォリューションの曲としてリリースされたブレンダにとって”曰く付きの曲”です。

ブレンダがリード・ヴォーカルを歌ったのは彼女自身が作詞にも携わった“Bite The Beat”とかがあるのに敢えてこの1曲を選んだ所に彼女の思いを色々考えてしまいます。

2018-06-12Related Artists'10s, Covers

Posted by KID