Jesse Johnson / Verbal Penetration (’09)

ジェシー・ジョンソン / ヴァリアブル・ペネトレーション

アルバム情報

Released:2009/10/26 | Label: Elite Artist Service

Track List

Disc 1

  1. V.P. Introduction (0:22)
  2. Verbal Penetration (4:35)
  3. Propaganda (5:22)
  4. U & I R We R Us (4:20)
  5. 100 Watts of Funky (4:59)
  6. Merciful (4:43)
  7. Don’t Throw Yourself Away (4:50)
  8. Slo Burnin (4:02)
  9. Sheila Rae (4:24)
  10. Love Letters (4:42)
  11. Dream Interlude (0:21)
  12. Slave 2 Freedom (4:00)
  13. We Ain’t Going Nowhere Interlude (0:31)
  14. We R So Strong (4:18)
  15. Beautiful Sadic (4:35)
  16. Prologue (0:46)

Disc 2

  1. Intro (0:11)
  2. Get Next To You (3:52)
  3. Ali Vs Frazier (3:36)
  4. Redemption For the Soul, Enlightenment For the Earhole (8:50)
  5. Please Let Me Go (4:08)
  6. Meditation 01: Astrology (3:52)
  7. You Have a Friend (3:40)
  8. Reflections (6:38)
  9. Meditation 02: Self-Love (3:46)
  10. Letters From a Soldier [Reprise] (4:36)
  11. In the Key of Nudity (3:55)
  12. V.P. Credits (3:00)
  13. Peace Be With You [Reprise] (3:50)

Personnel

Produce, Arranged, Written

  • Jesse Johnson

Composed

  • Steven Ivory (D2-4)
  • Khalip-Abdi Bey (D2-6)
  • Bobby & Iz Avila (D2-8)
  • Khalip-Abdi Bey, Yausmenda Ali-Bey (D2-9)

Musician

  • Jezabella Kipp-Messmer (french voice) (D1-1, D2-1)
  • Te Cheetah Lopez (latin voice) (D1-1)
  • Sue Ann Carwell (Backing Vocals) (D1-2-14,D2-2, 5, 7, 10)
  • Kim Riley (Backing Vocals) (D1-2, 5, 7, 8, 9, 14, 15, D2-9, 10)
  • David Cochrane (Horns) (D1-3, 5) (Keybords) (D1-4, 6-8, 10, 14, D2-7, 9 10) (Sax) (D1-9)
  • Eddie Minnefield (Horns) (D1-5)
  • Glenn Jeffery (Guitar) (D1-9. D2-10)
  • Steven Ivory (Narrator) (D1-12)
  • Mama Lisa (australian voice) (D2-1)
  • Del Atkins (Bass) (D2-2)
  • Frankie Ross (Narrator) (D2-6)
  • Michelle Joyner (Narrator) (D2-8)
  • Bobby & Iz Avila (Performer) (D2-8)
  • Angela Scott (Narrator) (D2-9)
  • Brent Hoffort (Guitar) (D2-10)
  • Nicole Rivera Hines (Narrator) (D2-12)

アルバム・レビュー

チャカ・カーンが’07年にリリースした「Funk This」で久し振りにジャム&ルイスとタッグを組んだ他は目立つ活動が少なかったジェシー・ジョンソン。
そんな彼が「Bare My Naked Soul」から13年振りとなる新作、しかも2枚組をリリース。

ジェシー以外で注目は楽曲制作にジャム&ルイスの弟子のアヴィラ兄弟が参加、ゲストには「Blues In My Sunshine」共作のお礼にスー・アン・カーウェルが参加しています。

前回はブルースっぽいサウンドでしたが、今回は2枚組みだけあって多彩です。
短いイントロの後、唸るギターとコーラスをバックにシャウト気味に歌うタイトル・トラックの“Verbal Penetration”を聴いた瞬間”おかえりなさい!”って感じです。
スー・アンとの相性抜群のブルース・ファンクの“Propaganda”、カーティス・メイフィールドの様なファルセット使いがゾクゾクする“U & I R We R Us”、ミネアポリス・ファンクを今風に昇華した“100 Watts Of Funky”、ジェシーのギターを思う存分堪能出来る“Merciful”、ワウの効いたギターとエフェクトをかけたヴォーカルがサイケデリックな装いの“Slo Burnin”、70sソウルの雰囲気が漂う“Sheila Rae”・・・ラストの“Prologue”まで捨て曲無しの完成度です。

一方ディスク2は”ポエトリー・ディスク”とでも言えばいいかな?
“Letter From A Soldier”の様に歌モノも収録されてますが、基本的に楽曲はインスト・ナンバーで、例えば“Ali Vs Frazier”ではアリ対フレジャーとミネアポリス・サウンドの歴史を交互に語っていたり、“Reflections”はインタビュアーからの質問に応えるといった感じになっています。
こちらもナカナカ趣があって良いです。

’09年はプリンスがLotusflow3rMPLSOUNDを2枚をリリース。
ジェシーはプリンスの2つ下なんで49歳、アラフィフになってお互い別の形で昇華した円熟味溢れるアルバムを聴けて幸せです。

Related Artists'00s, The Time

Posted by KID