Wendy & Lisa / Wendy And Lisa (’87)

ウェンディ&リサ / ウェンディ&リサ
 

アルバム情報

Released:1987/8/24 (Original), 2006/11/7 (Wounded Bird) 2013/3/25 (Cherry Pop) | Label: Columbia,Virgin

Track List

  1. Honeymoon Express (3:45)
  2. Sideshow (4:41)
  3. Waterfall (5:02)
  4. Stay (4:26)
  5. White (5:36)
  6. Blues Away (4:58)
  7. Song About (4:30)
  8. Chance To Grow (3:31)
  9. The Life (4:07)
  10. Everything But You (5:03)
  11. Light (4:56)
  12. Honeymoon Express (Honeymoon Express 12″) (4:57)
  13. Sideshow (Extended Version) (6:31)
  14. Waterfall ’89 (Alice & Sundial Seven) (4:17)
  15. Waterfall (Psychedelic Teepee Twelve) (7:16)

12~15は2013年のリマスター盤に収録。

2006年のリマスターは以下の楽曲が収録。

    1. Waterfall (Single Version) (4:16)
    2. 13.Honeymoon Express (12″ Version) (4:56)
    3. Sideshow (Dance Mix) (8:56)
    4. To Trip Is To Fall (Full Length Version) (6:54)

Personnel

Produce, Arranged, Composed, Written

  • Wendy & Lisa & Bobby Z

Member

  • Wendy Melvoin (lead and background vocals, guitar, bass, drums and percussion, organ)
  • Lisa Coleman (lead and background vocals, keyboards, piano, synth)

Additional Musician

  • Jonathan Melvoin (drums and percussion)
  • Tom Scott (soprano sax, lyricon)
  • Cole Ynda (vocals)
  • Carla Azar (drums and percussion)
  • Susannah Melvoin (vocals)
  • David Coleman (percussion)
  • Gary Coleman (congas)

アルバム・レビュー

当時絶頂期だったプリンスのバンド”ザ・レヴォリューション”が’86年に突如解散。
その後の動向が気になっていましたが、最初に動いたのはバンドの目立っていた美人のウェンディ&リサで、 解散から僅か1年でデビュー作をリリースしました。

プロデュースはウェンディ&リサに加え元ザ・レヴォリューションのボビーZが参加。
ゲスト・ミュージシャンには元ザ・ファミリーのヴォーカルでウェンディの姉妹スザンナ、後にスマッシング・パンプキンのドラムを担当した弟の故ジョナサンが参加。
またリサの兄弟デヴィッドやグレイも参加し、二人のファミリーが結束した作品です。

プリンスのサウンドにも影響を与えた二人だけあって作品の完成度は文句なしです。
彼女達が共作に携わった“Mountains”の様な印象を受ける“Honeymoon Express”を筆頭に、ミディアム・ファンク調の“Sideshow”、後のアルバム「Eroica」にも繋がる“Waterfall”等、秀作が揃っていましたが、当時の作品の評価としてはプリンス・ファンの注目は浴びるものの、それ以上に至らずチャートは伸び悩んでしまいました。

2006年盤

上記のジャケットは通称”オルタネイティヴ盤”で、最初のリリース、’06年にリリースされたのは↓のジャケットです。

Music Video

Related Artists'80s, The Revolution

Posted by KID