The Lewis Conection / The Lewis Conection (’79)

ザ・ルイス・コネクション / ザ・ルイス・コネクション

アルバム情報

Released:1979 (Original), 2013/2/20 | Label: P.A. Productions, P-VINE

Track List

  1. Get Up (6:55)
  2. Higher (8:00)
  3. Feel Good To Ya (3:10)
  4. Got To Be Something Here (4:12) P
  5. Dynamic Duo (4:00)
  6. Mr. G (5:05)

Personnel

Produce, Arranged

  • André Lewis, Pierre Lewis

Written

  • André Lewis, Pierre Lewis (1,2,6)
  • Pierre Lewis (3)
  • Sonny Thompson (4)
  • André Lewis (5)

Musician

  • Pierre Lewis (keybords, tenor sax, flute, vocal, backing vocal)
  • André Lewis (guitar, bass, vocal, backing vocal) (1-3,5,6)
  • Joe Lewis (drums) (4)
  • Barbara Bolar (vocal) (1)
  • Richard Lowe (drums, backing vocal) (1)
  • Richard Hicks (alt sax) (2,5)
  • Randy Barber (backing vocal) (4)
  • Sonny Thompson (bass, vocal) (1-4)
  • Paul McGee (congas, percussion) (6)
  • Chucky Adams (drums) (6)
  • Richard Lowe (drums) (1,2,3,5)
  • Aaron Weatherspoon (tenor sax) (2,5)
  • David Wright (trumpet) (2,5)
  • Jeffery Tresvant (trumpet) (4)
  • Prince (guitar, backing vocal) (4)

アルバム・レビュー

ピエールとアンドレのルイス兄弟を中心に結成されたグループで、アルバムは79年にリリースされていますがミュージシャンの変動等からレコーディング自体は数年間で録り貯めたものだと思われます。

全6曲中4曲に参加、うち1曲はソングライターとして名を連ねているソニー・トンプソンは後にNPGのメンバーとなるソニーTです。
この時期プリンスはまだ無名時代でゲスト・ミュージシャンとして一曲のみ参加。録音は’76年頃と言われています。

リリース当時は注目される事もなく地元で数百枚程度しか販売されかったそうですが、プリンスの成功に伴い注目を浴び高値が付いたと言われています。

関連アルバム

”Got To Be Something Here”は収録されてませんが、プリンスが参加した94 Eastやアンドレ・シモーン等、70年代のミネアポリス・サウンドをまとめたコンピ盤「Purple Snow: Forecasting The Minneapolis Sound」もオススメです。

Related Artists'70s, MPLS, P-Featuring, Works

Posted by KID